Love Save japapn グッズ販売代理店募集

株式会社A-Museは、Love Save Japanロゴの使用許可をいただき、復興支援活動を行なっています。
Love Save Japanロゴを使用したグッズを販売してくださる代理店様を募集しています。

LOVE SAVE JAPAN活動について

Love Save Japan
Love Save Kids

2011.3.11の東日本大震災後にニューヨークに住む日本人アーティスト達が立ち上げた活動です。
活動の内容はライブペインティング、ミュージックライブ、LSJグッズ販売、など多岐にわたりそこで得た収益金数百万円を日本赤十字に寄付。
またロゴデザインはアメリカの大手アパレルメーカーJ-CREWにより、Tシャツとトートバッグに取り入れられそれらも完売し、収益金のすべてが日本赤十字に送られました。
その活動に賛同した私たちは、LSJ in Yamanashiと連携し、チャリティイベントを数回開催、LSJグッズの販売を通じて得た収益金100万円余りを津波遺児基金に寄付しております。
また南相馬市の幼稚園、保育園にもお水を提供するなどの活動を行っています。
東日本大震災を風化させないために、LSJ in Miyagi,LSJ in Fukushimaとしてニューヨークと連携を取り、息の長い活動を続けていく所存です。

以下、ニューヨーク在住のらいたー堂本かおるさんの記事です。

以下、引用文です「東日本大震災が起こった時、青森の姉たちと連絡が取れなかっ​たんです。心配で仕事にも出られず、テレビとネットに釘付けにな​って電話を掛け続けました」
ニューヨークのヒップな若者が集まるエリア、マンハッタンのイ​ーストビレッジでヘアスタイリストをする長内真理子さんは3月​11日をそう振り返った。翌日、真理子さんは友人でライブペイン​ターのペス(内藤勇志)さんにばったり出会い、内藤さんが震災で​友人を亡くしたことを知った。
「私は母が早くに亡くなり、その後、男手ひとつで育ててくれた父​を数ヶ月前に亡くしたばかりだったので被災して家族を失った方​々の思いが痛いほど理解できました」
2人は「日本のために何かしよう」と話し合った。とは言うもの​の、実際は何をしていいのか分からず、とりあえずフェイスブック​に日本支援グループを作り、“LOVE SAVE JAPAN”と名付けた。ペスさんがロゴをデザインしそれをコ​ピーして2人でイーストビレッジの店を回って貼ってもらった。そ​の時もまだ具体的な活動のプランはなく、ただ、「被災地のどうし​ようもない状況をニューヨーカーにも知ってもらいたい」という思​いだった。
その翌日、ニューヨークに本拠を置くファッション・ブランド、​J・クルーから電話があった。
ベーカリーのウィンドウで見掛けた​LOVE SAVE JAPANのロゴを使ってチャリティー用のTシャツとトートバッ​グを作りたいとのことだった。それらはすぐに商品化され、ソール​ドアウトとなった。
後日、LOVE SAVE JAPANのタイトルを冠したクラブ・イベントを行い、ペスさん​が会場でライブペイントをおこなった。思った以上の義援金が集ま​った。以後、クラブ・イベント、美容師仲間を集めてのボランティ​ア・ヘアカットを何度も開催しアースデイ、著名人主宰のディナ​ーパーティなど、他のイベントにも精力的に参加して義援金を集め​続けている。
「多くの人や団体が日本支援という同じ目的のために、それぞれ​出来ることをやっています。そういった人たちから声を掛けていた​だき、ハートがつながることも、とても嬉しいです」
「今はLOVE SAVE JAPANに打ち込んでいますが、将来は日本以外にもチャリティ​の対象を広げていきたいです」

文:堂本かおる
引用元:雑誌「INSIGHT」2011年7月号掲載

長内真理子(おさない・まりこ)
ヘアスタイリスト、LOVE SAVE JAPAN代表。
青森県出身、ニューヨーク在住。2001年渡米。2003年ニュ​ーヨーク州ヘアスタイリスト・ライセンス取得。
2008年よりヘ​アサロンDlala勤務。2011年3月に東日本大震災の被災者​を支援するグループLOVE SAVE JAPANを立ち上げ、ニューヨークからの支援活動を続ける。

LOVE SAVE JAPANグッズ販売代理店制度について

今回LSJグッズとして、キーチェーン、マグカップ、缶バッジを取り扱ってくださる店舗様を大募集しております。
売上金の一部を津波遺児基金に寄付させていただきます。

缶バッジは南相馬を中心とした8つの作業所で作られています。
震災後多くの企業が撤退し、仕事が激減した作業所にとっては缶バッジ作りは大切な収入源になっています。

LOVE SAVE JAPANグッズのご紹介

Love Save Japan キーチェーン
Love Save Japan キーチェーン
Love Save Japan マグカップ
Love Save Japan マグカップ
直径9cm、高さ9.5cm
Love Save Japan 缶バッジ
Love Save Japan 缶バッジ
Love Save Japan ステッカー

Love Save Japan ステッカー

シルクスクリーン印刷で製作した、貼り直しできるシールです。 オレフィン系のフィルムを使用していますので、燃やしてもダイオキシンの発生はありません。 インキには耐光性があり、色あせしにくく剥がした跡も残らない高級シールです。

プラスティック、ガラス、陶製、塗装した木製品などはもちろん、壁のクロスくらいなら大丈夫です。 つるっとしていて、乾いているところだとよく貼れます。土壁や砂壁には貼れません。 基材のシートはフィルムですので、ピッタリと貼りついた後でしたら、少々の水濡れは大丈夫です。 水ぶきなどもしていただけます。 保管の際は、常温でお願いします。

Size:15×15cm / 価格 ¥700

Love Save Japan sticker

This sticker is made by a silkscreen print process.
If you don’t stick it on properly the first time, you can take it off and try again.
The ink is proofed against damage from light, so it will hardly fade.
After taking it off, there is no remaining residue.
As it is made it with olefin film, no dioxin is emitted when the sticker is burned.
You can stick it on plastic, glass, ceramic, coated wood products, and even on wallpaper.
The sticker sheet is made of film, so after sticking it on tightly it’s all right to get it wet.
You can also wipe it with a damp cloth.

ポストカード

ポストカード「水辺の風景を求めて」

「水辺の風景を求めて」と題された絵は、震災の年に亡くなられた山田 昇さんの作品です。 津波で失われる前の、宮城県沿岸の美しい風景を水彩画の優しいタッチで描いています。 ご主人の大好きだった美しい水辺の再生を願って、ご家族がポストカードにしました。 売上の一部は「こどもとあゆむネットワーク」に寄付されます。

価格:800円(7枚入り)

POSTCARD: “Scenery of the waterside”

These paintings entitled “Scenery of the waterside” were painted by Mr. Noboru Yamada.
He passed away after Tohoku Earthquake in March, 2011.
These pictures of the beautiful scenery of the waterside were painted in Miyagi Prefecture before the tsunami hit.
His family created these postcards of the paintings with a hope that the beauty of the waterside will someday return.
Profits from the postcards will be contributed to the “Kodomo-Ayumu Network.”

ガラスペンダント

ガラスペンダント

宮城県登米市在住のガラス工芸家、後藤洋一さんが被災地の瓦礫の中からガラスの破片を集め、その中に被災地の砂を閉じ込めて作ったペンダントです。 拾い集めたガラスをきれいに洗浄し、乾燥させた砂粒と色ガラス粉をその上に乗せ板ガラスで挟み込み電気釜で焼成しました。 時には金箔や花びらまでも入れあわせ、感性の赴くままに作られたペンダントです。 一つとして同じ物がない、世界で一つだけのペンダントです。

売上の一部は、ガラスや砂粒を拾い集めたそれぞれの地域の自治体に寄付されます。

価格 ¥1,500

Glass Pendant

These pendants were made from glass gathered from one of the devastated areas in Miyagi Prefecture by glass artist, Mr. Yoichi Goto.
Sand from such places as Ishinomaki, Minamisannriku, and Higashimatsushima are pressed between two pieces of washed glass and melted together, with sometimes flower petals or powder of colored glass sometimes added with the sand.
Each figure is different so no two pendants are the same.

津軽塗 iPhone/iPad mini/iPad ケース

津軽塗 iPhone/iPad mini/iPad ケース

青森県のENDSプロジェクトにより復興支援商品として作られた、地元青森の伝統工芸である津軽塗のオリジナルiPadケース、iPadMINIケース、iPhoneケースです。
一つ一つが津軽塗職人の手作りによるもので、螺鈿が施され、未来への夢や希望をイメージしてデザインされた商品には、絶対の自信あり。伝統技術と現代技術の融合を楽しんでみてはいかがですか。

販売に掛かったコスト以外の利益は被災地に寄付されます。

ケース販売価格
iPhone5用 :3,880円 (税込)
iPad mini用:6,880円 (税込)
iPad用   :8,880円 (税込)

TSUGARU LACQUERWARE iPad, iPad mini, iPhone cases

These are cases for the iPad, iPad mini and iPhone made with TSUGARU LACQUERWARE, a Japanese traditional industrial art from Aomori Prefecture. These products help support the recovery in Aomori through the "ENDS Project".
Each product is handmade by a TSUGARU LACQUER craftsman, using mother-of-pearl. We believe our products are designed in the image of dreams and hope for the future. We hope you will enjoy the fusion of traditional art and technology.
Profits, minus expenses, will be donated for disaster relief.

Love Save Japan グッズ パンフレット

Love Save Japan グッズ パンフレット 表紙   Love Save Japan グッズ パンフレット 内容

LOVE SAVE JAPANグッズ販売代理店応募受付フォーム

下の項目をご入力の上、送信ボタンを押してください。「」のついた項目は必須入力項目です。

お名前
お電話番号
郵便番号
ご住所
メールアドレス
販売したいグッズ                     
お問合せ内容をご記入ください